洋間一間の改修工事 竣工

2‘×10‘構造のかなりしっかりした住宅の洋間一間を和室に改修したいとのお話。
詳細を伺うとかなり素材やデザインにこだわった設えにされたいとの強い拘りに惹かれ設計をお引き受けしました。

施工は千葉県長生郡の建匠舎さんです。
以下施工事例リンクです。
http://www.kensyousya.com/gallery1495.html

古材の梁は建匠舎さんが探してくれました。
この空間にピッタリおさまりました。
なかなかいい古材梁などみつからないもの・・・さすがです。

古建具は建て主さんと一対のみ私が選んだもの。
既存の間口に合うのか不安もありましたが建具屋さんが上手く加工してくれました。
現代では新たにはなかなかつくれない格子戸ばかり、しかも経年変化からの丸みや艶感が何とも言えません。

飾り棚の楕円は大工さんの丁寧かつ正確な下地から始まり
左官屋さん頼りとしか言いようのない滑らかな曲面で仕上がりました。
図面を書きながらやりすぎもよくないしやらなさすぎも尚よくないし・・・悶々と考えながら出てきた線です。
見事図面通りに完成しました。

地板カツラにはチョウナをかけて頂きました。
チョウナにもいろいろあるようで今回私も非常に勉強になりました。

建主さんこだわりの桂貼の襖。
鉛色の和紙と綺麗な水色和紙、手掛は東京松屋さんで選びました。
縁のカシューの色も加わって空間を鮮やかにしてくれます。

職人技の素晴らしさを実感した現場でした。
本当に有難うございました。

画像

画像

画像

事務所は8/11~8/17の間、夏期休暇を頂きます。
よろしくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック