築57年の木造のお住まいを改修工事中です

練馬区で改修工事が進んでいます。
9月後半にはお引渡の目途がたってきました。

昭和38年建築、ということは築57-58年のお住まいになります。
柱が表に表しになっている真壁のつくり、
当然ながら和室が多く、廻り縁と天井板、木舞下地に土壁といったつくりです。

加えてとてもよく手入れされた庭のあるお住まいです。
このお住まいに子供のころからずっと住まわれてきた建主様は
『昭和の庭』と名付けられ、私共宛への初メールにてご紹介頂きました。

60年近くの長きにわたり
大事に住み続け庭の手入れも維持し続けられてきた
ある意味、ご家族の歴史ともいえるこの場所とこのお住まい。

この度 少し手を入れ、より住みやすく、安心して暮らされたいという
思いを私共にお任せ頂いたこと、非常に光栄に感じています。

今回ご家族の介護のご事情もあり畳の間はなくなりましたが
改修でいきなり真っ白な部屋にしてしまうのではなく
極力 真壁、京壁、天井板、障子など これまでの雰囲気を残した場所もあります。

キッチンは壁付けから対面にプラン変更、
暮らしの生活感を表出しすぎないプランにしています。

洋間や水廻りの開き戸も全て引戸に変更して動線よくしてみました。

施工をお願いした工務店さん、現場監督、職人方々にも非常に恵まれて
少しづつ新たな空間ができつつあります。

猛暑の中、日の出とともに庭木の水やりに
仮住まいからお越しになる建主様のおかげで
現場中とはいえ、庭はいつも綺麗で変わりがありません。

あと1ヶ月で完成の予定、建主様セレクトの素敵なクロスも
一部の壁面を彩る予定、
ますます今後が楽しみになってきました。

完成まで皆様引き続きよろしくお願いします!

IMG_0785.JPG

IMG_0788.JPG

IMG_0636.JPG

↓鴨居の後が残った化粧柱、どのように仕上げようか考え中です・・・
IMG_0698.JPG




アクセスカウンター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント