いっぽいっぽ

アクセスカウンタ

zoom RSS 竣工から2年、取材にて伺わせて頂きました

<<   作成日時 : 2018/09/20 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

都心の住宅密集地に居を構えつつも
住まいには豊かな環境を得たいと誰しも願う事と思います。

『豊かな』 も人それぞれですが
多くは 『豊かな自然』 を日々の暮らしにどう取りこむか
ということなのだと思っています
そしてこれは日本人独特の暮らし方感覚とも思います。

なので普段から
例えば窓から空が見える、緑が見える、住まいの中を風が通り抜ける・・・
そんなことを考えながら設計をしています。

かつ肝心なのは空や緑が見えても、道行く人や隣家から丸見え・・・では何にもなりません。
都心にいながら自然豊かに住むということは、
プライバシーを保ちつつ屋外空間を暮らしに取り込むという
独特の手法が必要だと常々感じます。
いつも極力カーテンを閉めずに楽に暮らせる空間を得たいものと考えてもいます。

今回取材をお引き受け頂いたお住まいの建主様のテーマは
『光と空間の一体感』 でした。

奥の深い敷地形状ゆえのテーマでもあったと思います。
加えて容積を確保する意味からもスキップフロアのプランとなりました。
スキップの要になる階段部分には薪ストーブをレイアウト。
昨年の冬は週3回程度は使われるそうで、ストーブの何ともいえない魅力を語られておられ
炎の綺麗に見える硝子面の広いストーブも今回初めて体験させて頂きました。

決して寒い日ではなかったのですが
何故か本物の火の暖かさというのは
エアコンの生ぬるい風感や床暖房の局所的な暖と異なり
生き物(!)として心地よく感じる暖かさであることを感じてきました。

ご家族の皆様、本当に有難うございました!

画像

画像

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
竣工から2年、取材にて伺わせて頂きました いっぽいっぽ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる